軽佻浮薄な大波小波ブログ

主にパワプロの再現選手を投稿するブログです(多分)

パワプロ2018作成 OB 田中浩康(内野手)2012版

東京ヤクルトスワローズ、横浜DeNAベイスターズに所属していた田中浩康選手です。

f:id:pwprpwpr:20181011063840j:plain

f:id:pwprpwpr:20181011063851j:plain

 

2012年成績

打率.274(486-133)  16二塁打 1三塁打 2本 40打点 48得点

54四球 9死球 40犠打 4犠飛 出塁率.354

 ベストナイン(2回目) GG賞(二塁手部門) 最多犠打(4回目)

 

今日、引退と言う話が出た田中浩康選手。

最多犠打数を4回も取り、歴代5位の302犠打を誇る繋ぎのバッター。

1年目の2005年から開幕1軍の座を勝ち取り、3年目の2007年に始めて規定打席に達し、レギュラーに定着。

そこから2013年に打撃不振と山田哲人の飛躍が重なるまでヤクルトスワローズの不動のセカンドとして君臨した。

2007年~2013年までの7年間で二塁守備の最多刺殺&最多捕殺を4度、最多併殺を5度記録。

失策も入団から13年間、1度も2桁失策をした事が無く、リーグ最高守備率を4度記録。

しかしその後は覚醒した山田哲人に勝てず、一塁、三塁、外野のレギュラーにも定着できずに2016年に戦力外通告をされ、同年に横浜DeNAベイスターズと契約を結ぶ。

横浜DeNAベイスターズに拾ってもらった後も人望もあり、ラミレス監督直々に「ダッグアウト・キャプテン」に命じられるなど、ある意味選手兼任コーチの役目をになった。

今年は二塁守備時にジャンピングキャッチで1度弾いたボールを再度捕球をする超ファインプレーを見せるなどまだまだ要所に守備職人の要素を見せたが、打撃は一向に上がらず、9月に戦力外通告をされてしまった。

 

田中浩康選手、お疲れさまでした。

 

成績自体は2010年の方が打率.300 出塁率.385と打撃成績は良いのですが、守備成績は2012年の方が上で、GG賞とベストナインも取っていたので2012版になりました。