軽佻浮薄な大波小波ブログ

主にパワプロの再現選手を投稿するブログです(多分)

パワプロ2018作成 ドラフト候補 山口航輝(二刀流)

明桜高校のエースで4番の二刀流、山口航輝くんです。

f:id:pwprpwpr:20180926064332j:plain

f:id:pwprpwpr:20180926064340j:plain

f:id:pwprpwpr:20180926064343j:plain

右投右打。

最速146km/hのストレートが持ち味。

2年春からベンチ入りし、エースで4番として大活躍。

2年夏の秋田予選決勝ではあの吉田くん率いる金足農業に勝利し甲子園に進んでいます。

 

2年の時点で146km/hを投げていて、投打ともに相当完成されており、「ドラ1候補間違いなし」の評価を得ていました。

 

ですが、その2年夏の秋田予選決勝で、牽制からの帰塁時に右肩亜脱臼と言う大きなケガを負ってしまい、それ以来マウンドには立っていません。

そして今年の夏は同じく秋田予選決勝で金足農業に敗れてしまいました。

たらればになりますが、山口くんが大きな怪我を無く投げていれば、吉田くんフィーバーもなかったのかもしれません。

 

査定

基礎 

球速→146がMAXなので

コントロール→制球力は良い方で4試合で4四死球とのこと。

スタミナ→無いわけではないが、登板が無い時は外野を守っていた時もあったので。

変化球→ツーシーム、スライダー、カーブを投げているので。

 

野手能力

長打力が魅力で右に押し込める力もあり、中田翔タイプの事。

 

闘志→見た時は感情を表していたことが多かったので。

ケガしにくさF→亜脱臼という大怪我を負ったので。

インコースヒッター→引っ張る辺りが多いらしいので。

送球E→外野守備で送球がそれることがあった。

三振→吉田くんに3三振したのでインパクト的に。

 

 

ケガが無ければ2年で146を出していたんだから3年時には150は出ていたかもと言われる逸材。

少なくとも怪我をするまではドラ1候補で吉田くんよりも評価は高かったと思います。

ただ3年時には投手よりも野手の方が評価は高くなっていたらしく、長打力が魅力的だと言われています。